歯周病

メールでのお問い合わせ

若い人にも増えている歯周病。お口の中の改善は、まず歯周病治療から始まるといっても過言ではありません。

私たちが歯を失う原因の5割は歯周病といわれます。歯周病を「歯茎が腫れて血が出るだけの病気」と思っていてはいけません。毎日の食習慣、喫煙や睡眠などの生活習慣、ストレスなどとも関係の深い生活習慣病のひとつです。

歯周病の原因となるのは、歯のまわりに付着した歯垢(プラーク)。その中で細菌が繁殖を繰り返し、歯茎の奥へ奥へと侵入していきます。歯茎が腫れるのはその初期症状といえます。そのうち歯周組織を破壊して歯槽骨を後退させ、やがては歯が抜け落ちるところまで進行します。

歯周病は「歯の病気だけ」とは限りません。

虫歯や歯周病を悪化するにまかせていると、細菌が血管を通して体内に入り込んでしまいます。ご本人が健康な間は、免疫機能によりほとんど問題は起きません。しかし高齢の方などにとっては心疾患、心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病、肺炎などに影響する恐ろしい病気となります。
また妊婦の早産や低体重児出産のリスクを高めるともいわれます。

歯周病はなかなか治せない厄介な病気です。

歯周病を治し、そして新たな歯周病を防ぐには毎日のブラッシングだけでは難しいといわざるを得ません。歯科医院と患者さまの二人三脚で治すという意識を持っていただく必要があります。

PMTC(歯と歯周組織の清掃)

プロの手による専門的な歯のクリーニングです。歯垢・歯石を徹底的に除去し、新たに汚れがつきにくい環境を定期的につくり上げます。

TBI(ブラッシング指導)

磨き残しがないかを染め出しによってチェックし、ブラッシングの弱点を把握します。その上で、毎日の効果的な歯磨きの方法をご指導いたします。

レーザー治療

歯周ポケットにたまった歯垢・歯石をレーザーで破壊して取り除きます。痛みや出血はほとんどありません。またレーザーの殺菌効果で、歯周病菌をさらに徹底して駆除することができます。

掻爬(そうは)術

歯周ポケットが深くなってしまっている場合、歯垢・歯石が目視できない奥にまで入り込んでいます。麻酔をした上でその中をクリーニングします。

エムドゲインによる歯肉組織再生法

歯根膜、歯槽骨、歯肉などが浸食されている場合に、エムドゲインという歯周組織再生材料をクリーニングしたきれいな歯周組織に塗布する方法です。子どもの歯が発生する過程に近い環境を擬似的につくり出すことで、組織の再生をはかります。

GTR法による組織再生誘導法

クリーニングしたきれいな歯周組織を特殊なメンブレン(保護膜)で覆い、歯根膜、歯槽骨、歯肉などを健康な状態に回復するよう再生を図る方法です。

フラップ手術による歯周外科治療

重度の歯周病の場合、歯周ポケットが6mm以上の深さに達してしまいます。そこで歯肉を切り開いて中の歯根を出し、こびりついている歯垢や歯石、ダメージを受けた組織を取り除いて元に戻す外科手術を行います。

EPARK歯科 ネット予約受付中
スタッフブログ 症例ブログ
よくあるご質問 求人情報
わくもと歯科医院 八尾クリニック 友紘会総合病院
公益社団法人 日本口腔インプラント学会 特定非営利活動法人 臨床器材研究所
TEL:072-729-6104 アクセスはこちら