入れ歯

メールでのお問い合わせ

あなたは本当に「自分に合った」入れ歯をお使いですか? つくり直さなくても、調整だけで噛み心地が段違いに変わるかもしれません。

失われた歯を補う方法は、入れ歯・ブリッジ・インプラントと3つの選択肢があります。インプラントがファーストチョイスとは限りません。患者さまのご希望やさまざまな状況に応じて、最もよい方法をご提案します。

また、たった今、入れ歯が合わずに「噛めない」「痛い」思いをされている方はいらっしゃいませんか?
合わない入れ歯は、新たにつくり直すしかない、とは限りません。レジンを敷いて細かく調整する「リベース」など、心地よくフィットさせる方法があります。ぜひ一度ご相談ください。

コストのかからない保険診療のものから、さまざまな面で機能が向上する自費診療のものまで、入れ歯といっても各種ご用意があります。

保険診療でつくる入れ歯

保険の場合、部分入れ歯(パーシャルデンチャー)の床(土台)はレジンというプラスチック、お口に固定するものは金属バネと決められています。しかし当院では精密な型取りを徹底することで、できる限り違和感の少ないものを提供しています。
総入れ歯(フルデンチャー)の場合も同様で、歯茎にぴったり密着させて支える形になりますが、レジンによる厚みのため違和感が生じやすくなります。こちらも当院の高い技術力で安定しやすい入れ歯をご提供します。

自費診療でつくる入れ歯

金属床義歯

床が金属でつくられているため、薄くすることができます。また食べ物の温度を的確に伝えます。手入れも容易で衛生的な入れ歯です。

コバルトクロム合金

こちらも金属でできた薄い入れ歯です。丈夫で長期間使用できます。

白金加金合金

体になじみやすく、腐食などにも強く、また金属アレルギーの心配がない入れ歯です。加工しやすいため美しい仕上がりになります。

チタン合金

体になじみやすく、腐食などにも強く、また金属アレルギーの心配がない入れ歯です。加工しやすいため美しい仕上がりになります。

マグネットアタッチメント義歯

歯根に金属を埋入し、超小型磁石のついた入れ歯をはめることでしっかり安定する入れ歯です。部分入れ歯の場合も、金属バネが必要ありません。

EPARK歯科 ネット予約受付中
スタッフブログ 症例ブログ
よくあるご質問 求人情報
わくもと歯科医院 八尾クリニック 友紘会総合病院
公益社団法人 日本口腔インプラント学会 特定非営利活動法人 臨床器材研究所
TEL:072-729-6104 アクセスはこちら